キャッシュレス決済の基礎知識

QRコード決済サービスはお得?メリットを比較して分かったおすすめアプリ6選|仕組みやキャンペーンを解説

QRコード決済サービスはお得?メリットを比較して分かったおすすめアプリ6選|仕組みやキャンペーンを解説

最近日本でも浸透し始めているキャッシュレス決済。

中でも「QRコード決済」は、消費税が上がってから急速に普及が進んでいます。

しかし、「よく耳にするけどあまり詳しく知らない」という方も多いのではないでしょうか?

今回この記事では、これからQRコード決済サービスを利用しようと考えている方に向けて

  • QRコード決済サービスの仕組みや使い方
  • QRコード決済サービスのメリット・デメリット
  • お得なキャンペーンも!おすすめのQRコード決済サービス

について解説しています。
今までQRコード決済について全く知らなくても、この記事を読めば明日からでも使い始められます!

お買い物で使う方はもちろん、自分の店舗に導入しようと考えている方にも役立つ情報ばかりなので、ぜひご一読ください。

QRコード決済の仕組みとは?

「QRコード決済」とはその名のとおり、QRコードを読み込むことで決済をする方法です。
QRコードを読み込んだ際に、あなたのスマホにある決済アプリに紐付いたクレジットカードや、あらかじめチャージしておいた金額から引き落とされる仕組みになっています。

そして、QRコード決済には「ストアスキャン方式」と「ユーザースキャン方式」という2つの方法があります。以下でそれぞれの特徴や利用する方法を見ていきましょう。

<ストアスキャン方式>
ストアスキャン方式とは、利用者が自分のスマホ画面で表示したQRコードを店側が読み取る決済方式です。

ストアスキャン方式の場合、決済アプリを起動してスマホのQRコードを読み取ってもらうだけで決済できるので、ほとんど手間がかかりません。実際、QRコード決済を利用する場合は、ストアスキャン方式を利用する機会が多くなるでしょう。

<ユーザースキャン方式>
一方、「ユーザースキャン方式」とは、店側がレジなどに表示しているQRコードを自分のスマホにある決済アプリで読み取る決済方式です。基本的には、以下のような流れに沿って利用することになります。

  1. 決済アプリを起動
  2. レジなどにあるQRコードを読み取る
  3. 決済する金額を入力
  4. 最後に金額に間違いがないか店員さんに確認してもらう

QRコード決済のメリット

QRコード決済を利用したことがない方の中には「QRコード決済できるアプリが増えているけれど、正直利用するメリットがよく分からない…」と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、QRコード決済は現金で支払いをするよりも、かなり多くのメリットがあります。特に代表的なメリットだといえるのが以下の4つです。

  • スマホ一つでスムーズに決済できる
  • 最大3%!お得なポイント還元
  • キャンペーンやクーポンが充実
  • お金の管理がしやすい

QRコードで決済をする利用者側は手数料もかからないので安心。以下で上記のメリットを順番に紹介します。

スマホ一つでスムーズに決済できる

QRコード決済はスマホひとつあれば利用できるので、非常にスムーズに決済ができるようになります。

例えば、今までは現金やクレジットカードで支払いをするのが主流でしたが、この方法だと状況によっては以下のような手間が発生してしまうこともありますよね。

  • 小銭がなかなか見つからない
  • カードがあり過ぎてクレジットカードを出すのが大変 など

しかし、QRコード決済なら現金が不要ですし、そもそも財布を出す必要がないので、上記のような手間がかかることもありません。特に自分が忙しい時間帯に買い物をするような場面では、非常に重宝するでしょう。

最大3%!お得なポイント還元

QRコード決済の大きなメリットのひとつがお得なポイント還元です。

還元率はQRコード決済サービスの種類によって異なりますが、通常の決済で0.5%〜3.0%のポイントを還元しているなど、非常に高い還元率を提供しているケースが多いです。

いつもの支払いをQRコード決済に切り替えるだけでポイントを受け取れるなら、利用しない手はないですね。

キャンペーンやクーポンが充実

QRコード決済サービスには、お得なキャンペーンやクーポンも充実しています。

例えば、QRコード決済サービスの「PayPay」は過去に「100億円あげちゃうキャンペーン」という、かなり大盤振る舞いのキャンペーンを開催したことで話題になりました。

また、それ以外のQRコード決済サービスでもユーザーの獲得のため、多くのキャンペーンの開催やクーポンの提供に力を入れています。内容も豪華でお得なものばかりなので、キャンペーンへの参加やクーポンの獲得を目的に利用するのもいいかもしれません。

お金の管理がしやすい

「お金の管理が苦手…」という方にもQRコード決済はおすすめです。QRコード決済を活用することで、お金の管理がかなり楽になります。

というのも、大半の決済アプリでは、アプリから簡単に利用明細が確認できるようになっているのです。何に使ったのかを改めて確認できるので、お金の管理が楽になるのはもちろん、不要な支出を減らすことにも繋がりますよ。

QRコード決済のデメリット

とても便利でお得なQRコード決済ですが、そんなQRコード決済にもいくつかデメリットが存在します。一般的に言われているデメリットが以下の2つです。

QRコード決済に対応していない店舗もある

「QRコード決済」という決済方法が普及し始めたのは、最近になってからです。そのため、店舗によってはQRコード決済に対応していない場合があります

とはいえ、徐々にQRコード決済に対応している店舗は増えてきているので、そこまで心配する必要はありません。ただ、中には使えない店舗もあるということだけは覚えておきましょう。

セキュリティ対策を怠ると不正利用される危険性がある

QRコード決済には、万が一の不正利用を防ぐため様々なセキュリティ対策がされているので、決済アプリを不正利用されてしまう危険はそこまでありません。

しかし、自分自身のスマホのセキュリティ対策を怠ってしまうと、それが原因で不正利用されてしまうリスクがあるので注意。例えば、スマホにはパスワードや顔認証を設定しておくなど、最低限のセキュリティ対策は行なっておきましょう。

主要な6種類を徹底比較!おすすめのQRコード決済サービス

現在では様々なQRコード決済サービスが各企業より展開されていますが、種類が多いと違いもよく分からないですし、どれを利用しようか迷ってしまいますよね。

そんな方は、数あるQRコード決済サービスの中でも、まずは主要なQRコード決済サービスを利用してみるのがおすすめです。特に以下の6種類は大手企業が展開しているサービスなので、安心して利用することができますよ。

  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • au Pay
  • メルペイ
  • d払い

ここからは、上記の6種類のQRコード決済サービスの詳細や使用方法、キャンペーン情報や還元率、対象店舗などについてそれぞれ詳しく解説していきます。

PayPay

還元率0.5%
支払い方法・チャージしたPayPay残高から支払う
・登録したクレジットカードから支払う
チャージ方法・銀行口座
・セブン銀行ATM
・「ヤフオク!」「PayPayフリマ」の売上金
・Yahoo! JAPANカード
・ソフトバンク、ワイモバイルまとめて支払い
対象店舗https://paypay.ne.jp/shop/

「PayPay」は、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁によって設立された「PayPay株式会社」が展開しているQRコード決済サービスです。知名度がとても高いので、広告を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

そんなPayPayはYahoo!のサービスと相性がいいのが特徴。ヤフオク!の売上金をそのままチャージに使えるなど、Yahoo!のサービスの組み合わせて使うことで、さらに使い勝手がよくなりますよ。

ちなみに、クレジットカードからのチャージは「Yahoo! JAPANカード」からのチャージにのみ対応しています。Yahoo! JAPANカードの年会費は無料ですし、PayPayを利用するなら一緒に発行しておきましょう。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード
家族カードマイルリボ払い
分割払い国内旅行保険海外旅行保険
年会費無料
ポイント還元率1.0%~2.0%
発行時間通常1~2週間
ETC年会費550円(税込)
国際ブランド 

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

PayPayのチャージにYahoo! JAPANカードを利用するメリットや、実際にPayPayにカード情報を登録する方法については、以下の記事も参考にしてみてください。

PayPayに登録するべきクレジットカードとは?!登録方法や知っトク情報まとめ!

楽天ペイ

還元率0.5%
支払い方法・チャージした楽天Pay残高から支払う
・登録したクレジットカードから支払う
チャージ方法・楽天カード
・楽天銀行
・フリマアプリ「ラクマ」の売上金
対象店舗https://pay.rakuten.co.jp/shop/

「楽天pay」は、楽天市場などのサービスを運営している楽天が展開しているQRコード決済サービスです。楽天payに直接チャージするか、クレジットカードを登録することで決済ができるようになります。

ちなみに、1番お得な支払い方法が「楽天カードでチャージをして楽天payで決済する」という方法。この方法なら楽天カードの還元率を合わせて最大1.5%のポイントを獲得できるので、ザクザクポイントを貯めることが可能です。

楽天カード

楽天カード
家族カードマイルリボ払い
分割払い国内旅行保険海外旅行保険
年会費無料
ポイント還元率1.0%~4.0%
発行時間約1週間
ETC年会費550円(税込)
国際ブランド 

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

LINE Pay

還元率最大2.0%
支払い方法・チャージしたLINE Pay残高から支払う
・登録したクレジットカードから支払う
チャージ方法・銀行口座
・セブン銀行ATM
・QRコード
・LINE Payカード
・Famiポート
対象店舗https://line.me/ja/pay/merchant/offline/gourmet

今の時代もはや必須ともいえるコミュニケーションアプリ「LINE」が提供している「LINE Pay」は、最大2.0%の還元率が魅力のQRコード決済サービスです。

決済だけでなく、LINEの友達にLINE Payを通じて送金が簡単にできる、家計簿アプリと連携できるなど、使い勝手もかなりいいので多くの方に利用されています。基本的な使い方に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

LINE Payでクレジットカード決済!登録&支払い方法を解説~Visa LINE Payカード情報も

au Pay

還元率最大1.5%
支払い方法チャージしたau pay残高から支払う
チャージ方法・auかんたん決済
・auじぶん銀行
・セブン銀行
・クレジットカード
・コンビニ
・一部の実店舗
対象店舗https://aupay.wallet.auone.jp/store/

「au pay」は大手キャリアのauのQRコード決済サービスです。

auスマートパスプレミアム会員なら還元率が1.5%になる上に、クレジットカードからチャージすることでポイントの二重取りが可能。auユーザーの方向けのサービスとなっています。

メルペイ

還元率なし
支払い方法・チャージしたメルペイ残高から支払う
・メルペイスマート払い
チャージ方法・銀行口座
・メルカリの売上金
対象店舗https://www.merpay.com/shops/

「メルペイ」は、フリマアプリとして有名な「メルカリ」が提供するQRコード決済サービスです。様々な実店舗やネットショップで利用できる上に、メルカリでの買い物にも利用できます。

また、メルペイスマート払いを活用することで、後払い方式で決済することも可能です。そのため、現在手元に現金がない状況では非常に役立つでしょう。

d払い

還元率最大1.0%
支払い方法・d払いにチャージした残高から支払う
・登録したクレジットカードから支払う
チャージ方法・銀行口座
・セブン銀行ATM
・コンビニ
対象店舗https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/town/index.html

大手キャリアであるドコモでは、携帯や光回線以外にも「d払い」というQRコード決済サービスを展開しています。ドコモのサービスではありますが、ドコモユーザー以外でも利用することが可能です。

ポイントがアップするキャンペーンをよく行っており、タイミングによっては還元率10%を超える場合も。ドコモのクレジットカード「dカード」を登録することで、さらにお得になりますよ。

dカード

dカード
家族カードマイルリボ払い
分割払い国内旅行保険海外旅行保険
年会費無料
ポイント還元率1.0%~4.0%
発行時間最短5営業日
ETC年会費550円
国際ブランド 

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

「d払いについてもっと知りたい」という方は、以下の記事も参考にしてみてください。
d払いはクレジットカードと組み合わせるのが最強!登録・ポイント倍増方法!おすすめカードも紹介

ポイントの二重取りが可能!クレジットカードと組み合わせてさらにお得

QRコード決済サービスの中にはクレジットカードと組み合わせて使うことで、さらにお得に使えるサービスも存在します。特に以下の組み合わせはポイントが貯まりやすいので、非常におすすめです。

  • PayPay×Yahoo! JAPANカード
  • 楽天ペイ×楽天カード
  • d払い×dカード

具体的にどのくらいお得になるのか、以下でそれぞれ見ていきましょう。

PayPay×Yahoo! JAPANカード

PayPayをメインで利用する場合は、Yahoo! JAPANカードも一緒に作っておきましょう。

Yahoo! JAPANカードがあればチャージ不要で決済できるので、決済が非常にスムーズになります。イメージとしては、スマホがそのままクレジットカードになるようなイメージですね。

また、Yahoo! JAPANカードを登録して決済することで、0.5%のポイントを獲得することもできます。具体的な仕組みや登録の方法は以下の記事で解説しているので、気になる方はぜひご一読ください。

PayPayに登録するべきクレジットカードとは?!登録方法や知っトク情報まとめ!

楽天ペイ×楽天カード

楽天ポイントを重点的に貯めたい方は、楽天ペイ×楽天カードの組み合わせがおすすめです。

通常、楽天ペイで決済をすると0.5%の還元率ですが、楽天ペイに楽天カードを紐づけて決済することで、楽天カードの1.0%の還元率が加わり、最終的には1.5%の還元率になります。つまり、ポイントの二重取りができるようになるのです。

楽天カード自体は年会費無料なので、所有するデメリットも特にありません。楽天ペイを利用するなら、ぜひ楽天カードと組み合わせて使いましょう。

d払い×dカード

d払いに登録できるクレジットカードは様々ありますが、dポイントを効率よく貯めたいのであればdカードを登録しておきましょう。

d払いの基本的な還元率は最大で1.0%ですが、支払い方法をdカードに設定することで、2倍にアップ。つまり、最大2.0%の還元率で決済ができるようになります。

ちなみに、d払いの基本的な情報やdカードと組み合わせるメリットは以下の記事でも紹介しています。

⇒ d払いはクレジットカードと組み合わせるのが最強!登録・ポイント倍増方法!おすすめカードも紹介

QRコード決済サービスの比較ポイント

自分に合ったQRコード決済サービスを選ぶためには、それぞれのサービス内容を比較することが重要です。特に以下の項目に関しては、事前によく比較した上で検討するべきでしょう。

  • QRコード決済サービスが使える店舗の種類・数
  • QRコード決済サービスのポイント還元率
  • QRコード決済のチャージや支払い方法・種類
  • QRコード決済で参加できるキャンペーン

とはいえ、自分で比較するのは中々大変なのも事実。

そこで、以下ではこれまでに紹介した6種類のおすすめQRコード決済サービスを、上記の項目ごとにそれぞれ比較した結果を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

QRコード決済サービスが使える店舗の種類・数

QRコード決済サービス利用可能店舗数
PayPay94万ヵ所以上
楽天ペイ120万ヵ所以上
LINE Pay100万ヵ所以上
au Pay非公開
メルペイ135万ヵ所以上
d払い10万ヵ所以上

利用可能店舗数だけを見ると、楽天ペイ、メルペイが圧倒的に多いですね。

とはいえ、利用できる店舗の種類はほぼ同じです。どのQRコード決済サービスでも、ほとんどのコンビニやスーパー、百貨店などで利用することができます。

QRコード決済サービスのポイント還元率

QRコード決済サービスポイント還元率
PayPay0.5%
楽天ペイ0.5%
LINE Pay最大2.0%
au Pay最大1.5%
メルペイなし
d払い最大1.0%

還元率に関しては、比較的LINE Payが高めに設定されています。

ただ、どのQRコード決済サービスにも言えることですが、条件によってポイント還元率は異なりますし、クレジットカードとの組み合わせでも変わってくるので、QRコード決済サービスを選ぶ際は、自分の利用状況に合ったものを選ぶことをおすすめします。

QRコード決済のチャージや支払い方法・種類

QRコード決済サービス支払い方法チャージ方法
PayPay・チャージしたPayPay残高から支払う
・登録したクレジットカードから支払う
・銀行口座
・セブン銀行ATM
・ヤフオク!
・PayPayフリマの売上金
・Yahoo! JAPANカード
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
楽天ペイ・チャージした楽天Pay残高から支払う
・登録したクレジットカードから支払う
・楽天カード
・楽天銀行
・フリマアプリ「ラクマ」の売上金
LINE Pay・チャージしたLINE Pay残高から支払う
・登録したクレジットカードから支払う
・銀行口座
・セブン銀行ATM
・QRコード
・LINE Payカード
・Famiポート
au Pay・チャージしたauPay残高から支払う・auかんたん決済
・auじぶん銀行
・セブン銀行
・クレジットカード
・コンビニ
・一部の実店舗
メルペイ・チャージしたメルペイ残高から支払う
・メルペイスマート払い
・銀行口座
・メルカリの売上金
d払い・d払いにチャージした残高から支払う
・登録したクレジットカードから支払う
・銀行口座
・セブン銀行ATM
・コンビニ

チャージ方法としては、PayPayやau Payが特に豊富ですね。

一方、支払い方法に関しては、どのQRコード決済サービスもほとんど同じような内容になっています。ただ、PayPay、d払いは利用可能なカードが豊富なので、クレジットカードを登録する方はPayPay、d払いを選択することをおすすめします。

QRコード決済で参加できるキャンペーン

QRコード決済サービスQRコード決済で参加できるキャンペーンの頻度
PayPay多め
楽天ペイ多め
LINE Pay普通
au Pay普通
メルペイ少なめ
d払い多め

主要なQRコード決済サービスでは、基本的にほとんどの期間何かしらのキャンペーンを開催していますが、特にPayPay、楽天ペイ、d払いがキャンペーンの頻度が多めでした。

また、PayPay、au Pay、d払いは、比較的キャンペーンの期間が長い&無期限で開催しているものが多いので、積極的にキャンペーンに参加したい方にはおすすめです。

例えば、以下のキャンペーンは無期限で開催しているため、どのタイミングでも参加することができます。

  • 街のお店&ネットのお店でd払いを利用すると最大2,000ポイントプレゼント
  • 毎月実施しているPayPayのキャンペーン「いつもどこかでワクワクペイペイ」

ちなみに、高還元率のキャンペーンを開催する傾向が高いのがPayPayとd払いの2つ。高還元率のキャンペーンに絞って参加するだけでも、多くのポイントを獲得できるでしょう。

【店舗向け】目的別おすすめのQRコード決済サービス

QRコード決済サービスは年々普及しており、必然的にシェア率は高くなっています。店舗の運営をしているのなら、QRコード決済サービスの導入はもはや必須だともいえるでしょう。

しかし、どのQRコード決済サービスを導入するかの判断は中々難しいですよね。

そこで、以下ではニーズ別に分けて、それぞれ店舗に導入するべきおすすめのQRコード決済サービスを紹介します。

  • 導入したいがコストや手数料が気になる
  • 中国人観光客の顧客を増やしたい
  • ポイントを利用して集客力を上げたい

「これからQRコード決済サービスを導入したい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

コストや手数料が気になる方におすすめ

「QRコード決済サービスを導入したいけれど、コストや手数料が気になる…」という方におすすめなのが、PayPay、LINE Pay、メルペイの3つです。

この3つは期間限定で決済手数料無料キャンペーンを行なっているため、コストや手数料が気になる方には最適です。試験的に導入してみるのもいいかもしれません。

また、メルペイの場合は、キャンペーン終了後も手数料1.5%という格安な手数料でサービスを提供しています。QRコード決済サービスの手数料は平均で約3.0%なので、平均の半分の手数料で利用できるということになり、非常にお得です。

中国人観光客の顧客を増やしたい方におすすめ

中国人観光客の顧客を増やしたい方は、PayPay、もしくはau Payがおすすめです。
なぜなら、PayPay、au Payは、中国で普及しているAlipay(アリペイ)やWeChat payに対応しているためです。

これらの決済サービスは中国でとても普及しており、Alipay(アリペイ)は中国でのシェアが約5割、WeChat payは約4割と、非常にたくさんの中国人に利用されています。

そもそも、中国はQRコード決済サービスがとても浸透している国。9割以上の支払いはスマホ・コード決済で行われていると言われているほどです。

そのため、中国人観光客の顧客を増やしたいなら、QRコード決済サービスの導入は必須とも言えます。PayPay、au Payのいずれかから自分に合ったサービスを導入しましょう。

ポイントを利用して集客力を上げたい方におすすめ

ポイントを利用して集客力を上げたい方には、楽天ペイがおすすめです。

楽天ペイは、登録するクレジットカードを楽天カードにすることで、本来別の支払い方法なら200円で楽天ポイントが1ポイント貯まるのに対し、100円の決済で1ポイント貯まるので、かなり効率よくポイントを貯めることができるのが特徴です。

そのため、楽天ポイントを貯めているお客様に対して、「楽天ポイントが貯まる・使えるお店」としてアピールすることができます。そもそも楽天のサービスを利用している方は多いので、いいアピールポイントになるでしょう。

QRコード決済まとめ

今回の記事では、QRコード決済サービスの仕組みや利用するメリット・デメリット、主要なQRコード決済サービスの比較情報などについて紹介しました。以下まとめです。
[box01 title=”QRコード決済まとめ”]

  • QRコード決済とはスマホの決済アプリを利用してQRコードを読み込み、決済する方法
  • 現金や財布がなくでも決済できるのでスムーズに買い物ができる
  • ポイント還元やキャンペーンが充実している
  • 対応していない店舗もあるので注意
  • クレジットカードと組み合わせて使うことで、さらにお得に決済できる
  • 店舗を運営しているならQRコード決済は導入するべき

[/box01]
QRコード決済サービスを活用することで、普段の買い物がよりお得になります。利用者の方は基本的にどのサービスも無料で利用できるので、気軽な気持ちで使ってみてください。

スマホ決済のおすすめ5つを厳選比較!デメリットも徹底検証!セットでお得なクレジットカードも紹介

スマホ決済のおすすめ5つを厳選比較!デメリットも徹底検証!セットでお得なクレジットカードも紹介

スマホ決済は、高還元・お得なキャンペーンが盛りだくさんの決済サービス。

でも、サービスがたくさんありすぎてどれがいいの?と迷ってしまうこともしばしば。

それに、そもそもスマホ決済ってどう使うのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、スマホ決済について知りたい!という方に向けて、

  • そもそもスマホ決済とは?
  • スマホ決済のメリット・デメリット
  • おすすめスマホ決済ランキング

といった情報を分かりやすく解説しています。

スマホ決済のメリットだけでなく、デメリットもしっかり解説していますので、ぜひ最後までお付き合いください!

スマホ決済の注目キャンペーン

現在、PayPayの20%還元キャンペーンが開催中です!

対象はPayPay残高で支払った場合のみ。

他にもPayPayはキャンペーンが盛りだくさん!

同じ期間内にもたくさんのキャンペーンが行われています。

PayPay対象飲食店で20%還元キャンペーン
(引用元:全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメ祭りキャンペーン

お財布を出す手間なく、簡単にスマホ一つで得できるのがポイントです。

さらに、もっと得したいという方必見!
PayPayを利用するなら、ヤフーカードがおすすめです。

実は、必要に応じてチャージできるクレジットカードはヤフーカードだけなんです。

他のクレジットカードは、支払い額がPayPay残高より上回った場合、残高からの支払いができないためチャージ金額が失効してしまう場合があります。

残高を有効活用するためにはヤフーカードがイチオシです。

さらに、ヤフーカードでチャージすると、現金によるチャージよりも還元率がアップするのでよりお得に利用できます。

せっかくキャンペーンで得できるなら、さらにお得に利用したいですよね!

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード
  • PayPayにチャージできる唯一のカード!
  • 年会費永年無料!
  • Tポイントも貯まる!

スマホ決済はアプリで?やり方・仕組みを解説

スマホ決済は大きく分けて2種類あります。

一つはコード決済、もう一つはタッチ決済です。

それでは、それぞれの特徴をみていきましょう!

コード決済

コード決済とは、QRコードやバーコードを利用して行うスマホ決済です。

QRコード

QRコード
(引用:PayPay お店で支払う

バーコード

バーコード
(引用:PayPay お店で支払う

スマホ決済を利用すると、これらのコードが決算システムと連携して、支払いが完了します。

PayPay楽天ペイd払いなどがこれに当たります。

スマホにアプリを入れるだけなので、誰でも簡単に使えます!

簡単な支払い方法

最初にコード決済を利用した2つの支払い方法を見ていきましょう!

まずは、ストアスキャン方式です。

こちらはとっても簡単です。

私たちは携帯画面にQRコードを表示して提示するだけ。

あとは店員がそのQRコード読み取ると決済ができる支払い方法です。

次にユーザースキャン方式です。

こちらは私たちがQRコードを読み取って決済を行う支払い方法です。

具体的には、、

  1. アプリ内のQRコードリーダーを起動
  2. お店に置かれているQRコードを読み取る
  3. 会計金額を入力
  4. 店員が確認して支払い完了!
    (※店舗によっては、QRコードを読み取るだけで支払いが完了する場合があります。)

少し複雑に見えますが、実はとっても簡単

お財布がかさばらずに食事や買い物ができるんです。

お得な高還元率キャンペーン

次にコード決済の還元率をチェック!

多くのコード決済では頻繁に高還元率のキャンペーンを行っています。

PayPayキャンペーン
先ほども紹介したようにPayPayでは様々なキャンペーンを同時に行っています。

4月の期間中、5%還元対象実施店舗で買い物をすると、さらに5%分のPayPayボーナスプレゼント!

つまり、10%も還元してもらえるんです。

まちかどペイペイ10%還元キャンペーン
(引用元:まちかどペイペイ 第3弾


楽天ペイキャンペーン
楽天ペイでは、ダイコクドラッグで買い物をすると最大10%還元のキャンペーン中!

まず、楽天ポイントカードを提示すると200円につき1ポイントゲットできます。

さらに消費者還元から5%、楽天ペイキャンペーンから3.5%、楽天カードからも1%それぞれ還元が受けられます。

楽天ペイ ダイコクドラッグ 10%還元キャンペーン
(引用元:ダイコクドラッグ限定!ポイントカード提示で最大10%還元


d払いキャンペーン
4、5、6月の金曜日と土曜日に、メルカリのお買い物でd払いを利用すると、購入金額の5%分のdポイントがゲットできるチャンス!

さらに、キャンペーンにエントリーするだけで7%ももらえます。

普段のメルカリショッピングをd払いに変えてお得に買い物したいですね!

d払い 4.,5,6月の金・土曜日メルカリで5%還元キャンペーン
(引用元:4・5・6月d曜日限定!メルカリ+5%還元キャンペーン

タッチ決済

タッチ決済はスマホをかざすだけで決済できる支払い方法です。

Apple PayやGoogle Payなどがこれに当たります。

ですが、モバイルFelica搭載のスマホのみ可能な決済なため、利用できる方は限られます

そのため、コード決済の方が誰でも利用可能で、さらに高還元なのでおすすめです。

スマホ決済はお得なの?2大メリットを紹介

ここまでスマホ決済のやり方、仕組みについて詳しく説明してきましたが、
そもそもスマホ決済って何がお得なの?」と気になっている方も多いはず。

そこで、スマホ決済がお得な理由として2大メリットを紹介していきます!

先におすすめのスマホ決済を知りたい方はこちら!

3重のポイント還元!

スマホ決済は1回の支払いで3回もポイント還元が受けられます。

還元対象は以下の3つです。

  1. キャッシュレス・ポイント還元事業
  2. スマホ決済サービスの還元
  3. クレジットカードの還元

それぞれを詳しく見ていきましょう!

①キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

キャッシュレス・ポイント還元事業とは、キャッシュレス支払いの還元を支援する事業です。

消費税引き上げに伴って、2020年6月30日までの期間限定で実施されています。

還元対象となる店舗は下のマークが目印

キャッシュレス 目印マーク
店舗によって還元率が異なるので、ぜひ近くのお店をチェックしてみてください!

②スマホ決済サービスの還元

スマホ決済を利用して支払うと還元が受けられます。

例えば、d払いでは基本還元として0.5%が定められています。

しかし、実店舗とネットショッピングで還元率も異なり、ネットで買い物をした方が1%の還元率でお得です。

各種サービスの還元率比較はこちら

③クレジットカードの還元

スマホ決済にクレジットカードを設定すると、さらに還元が発生します。

例えば楽天ペイでは楽天カードを設定すると、1.0%分の還元されます。

このように還元期間中はスマホ決済を利用するだけでお得な買い物が楽しめます。

財布を出さずに素早く支払い

そして何よりも、スマホ1つで支払いが完了できるのがこのスマホ決済の魅力です。

お買い物や食事で支払いを行う際、財布がバッグの中で迷子になったり、硬貨を出すのに苦労したことはありませんか?

また、財布を早くしまいたいのに店員からお釣りが返ってくるのが遅くてイライラした、なんてこともあるかもしれません。

スマホ決済はそんなあなたの不満を解消しれくれるんです!

手元にあるスマホで、QRコードを提示してタッチするだけ

お釣り要らずで財布もかさばりません。

外出時も、スマホ決済に対応している店ならスマホひとつ持っていけばOK!

さらに、Pay Payや楽天Payなど割り勘機能付きのアプリも。

友達と食事や飲みに行く時も、この割り勘機能を使えば、ぴったりお金が返せないなんて心配もご無用です!

使いこなせばより賢く、より効率的な買い物にできます。

スピーディーかつ簡単な支払いで、時間にも行動にも余裕が持てますよ!

スマホ決済は危険!?デメリットは?

つづいて、スマホ決済のデメリットや危険性についてチェックしていきましょう。

すべてのお店で使えるわけではない

残念ながら、スマホ決済が使えるお店はまだまだ限られています。

ですが、現在使えるお店がどんどん増えているんです!

コンビニや飲食店のみで利用できるイメージがありますが、
実は家電量販店やファッション雑貨屋、百貨店、宅配でも使えるように。

キャッシュレス化に伴って、どんどんいろんなお店が導入し始めています。

さらに、電気やガス、水道などの公共料金の支払いも可能になりました。

私たちの身近な支払いがスマホ決済に移り変わっています。

不正利用の危険性

スマホ決済をためらっている方の中には、不正利用やセキュリティ面での心配があるのではないでしょうか。

不正利用の危険性は消えませんが、各決済サービスは不正利用に抗じた対策を掲げています。

防止策として以下の三つが挙げられます。

  • 各サービスによるセキュリティ対策
  • 各サービスによる補償制度
  • 利用者自身の注意

セキュリティ面の確保を確保するため、多くの決済サービスは二段階認証クレジットカード情報暗号化を行っています。

また、不正利用に対応した補償制度が整備されています。

さらに、不正利用を防ぐためには利用者の注意も必要不可欠です。

例えば、パスワードの使い回しを行わず、また自身のスマホの管理を怠らないなど、私たちが気をつけることで防げる場合があります。

利用履歴のこまめな確認も不正利用の早期発見につながります。

危険性を十分理解した上で利用していくことが重要です。

万が一に備えて、一人ひとりが注意していきましょう!

スマホ決済の選び方!あなたのおすすめは?

それでは、スマホ決済について少し理解できたところで、あなたに合ったスマホ決済を選ぶポイントについて紹介していきます!

ポイントは2つ!

還元率利用店舗をチェックすることです。

スマホ決済時の還元率で比較

まずは還元率について各決済サービスを比較してみましょう!

基本還元率2%還元対象店舗5%還元対象店舗
Pay
Pay
実店舗
0.5~1.5%
ネット
1~2%
2.5~3.5%5.5~6.5%
楽天
ペイ
✖️2%5%
d払い実店舗
0.5%
ネット
1%
実店舗
2.5%
ネット
3%
実店舗
5.5%
ネット
6%
LINE
ペイ
0.5~2%2.5~4%5.5~7%
メル
ペイ
✖️2%5%

買い物をすればするほどポイントが貯まるので、今まで以上に買い物も楽しくなるのではないでしょうか。

各決済サービスから、それぞれポイントとして還元されます。

こんなに還元してもらえるなら使わないと損ですよね!

特にLINEペイは5%対象店舗で、非常に高い還元率を実現しています。

次に利用可能店舗の数を比較して見ていきましょう!

ICT総研の調査によると、全国100地点の駅周辺における利用可能店舗数は以下の通りです。(2020年1月16日時点)

 

各種サービス利用可能店舗
PayPay32,044店
楽天ペイ4,155店
d払い5,839店/td>
LINEペイ4,936店


他のスマホ決済を含め、
実施店舗が拡大中で、これからもっとスマホ決済が利用できるお店が拡がっていくようです。

PayPayの利用可能店舗数が非常に多いことが分かります。

さらに、他の宅配サービスや公共料金の支払い対応可能な企業を含めると、使えるお店はなんと全国200万カ所以上もあります。

スマホ決済を比較!おすすめランキングBest5!

つづいて、スマホ決済のおすすめをランキング形式で発表していきます。

さらに、一緒に使うともっとお得なクレジットカードも紹介します。

年会費無料のカードばかりなので、作っておくとお買い物上手に!

それでは、それぞれの決済サービスを詳しく見ていきましょう!

①PayPay

PayPayは登録ユーザー数は2,500万人を超える、利用率No. 1のQR決済です。

以下のような特徴もあり、日常的に便利に利用できます。

  • 全国200万カ所以上で利用可能
  • 公共料金の支払い可能
  • 割り勘機能あり

PayPayマーク

主なチャージ方法銀行口座、ヤフーカード、ソフトバンク、セブン銀行ATM、ヤフオク・PayPayフリマの売上金
基本還元率実店舗 0.5〜1.5%
ネット 1〜2%
ポイント有効期限PayPayボーナスポイント 付与の翌日から60日間
その他 無期限
不正利用時の補償原則被害の全額を補償

PayPayはヤフーカードとセットが絶対お得!

PayPayはヤフーカードと一緒に使うと、もっとお得に買い物できます。

年会費無料で、PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカードです!

PayPayボーナスのポイントも貯まるので、PayPayを使い始めるなら持っておきたいカードです。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード
  • PayPayにチャージできる唯一のカード!
  • 年会費永年無料!
  • Tポイントも貯まる!

PayPay クレジットカード」でさらに詳しい情報を紹介しています。

②楽天ペイ

楽天ペイは、楽天カードと合わせて使うと非常にお得にお買い物できる決済サービスです。

こちらは以下の三つが特徴です。

  • カードと合わせてポイントが貯まりやすい
  • 顧客満足度 No.1
  • Suicaと連携予定

楽天ペイはキャッシュレス決済業種の全6部門中5部門(顧客期待、知覚品質、知覚価値、顧客満足、推奨意向)で、第1位を取っています。

さらに、2020年6月頃に楽天ペイとSuicaの連携が決まりました。

これにより、楽天ペイからチャージすると楽天ポイントが貯まるようになります

日常的にSuicaを利用する方は効率よくポイントが貯まるので非常におすすめです。

楽天ペイマーク

主なチャージ方法クレジットカード、楽天銀行、ラクマの売上金
基本還元率なし
ポイント有効期限楽天ポイント 1年間獲得しなければ失効
※最後にポイントを獲得した月を含めて1年間
不正利用時の補償責任は負わない
※運営側に責任があった場合のみ対応

楽天ペイは楽天カードとセットが絶対お得!

楽天ペイアプリに設定するクレジットカードは楽天カードがお得です。

なんと、楽天ペイ×楽天カード×キャッシュレス還元事業でポイント2重取りが可能です!

  1. 楽天ペイ:100円につき1ポイント
  2. 楽天カード:100円につき1ポイント

楽天ペイに楽天カードを設定するだけで、それぞれ単独で使うよりももっとお得に。

さらに、今なら新規入会をして利用すると、5000円相当プレゼント

この機会をお見逃しなく!

楽天カード

楽天カード
  • 楽天ペイにチャージできる唯一のカード!
  • 年会費永年無料!
  • 新規入会&利用でもれなく5,000ポイントもらえる!

③d払い

d払いはドコモユーザーでなくても、誰でも簡単に利用できる決済サービスです。

ですが、特にドコモユーザーの方はとてもお得に使えます。必ず検討しておきましょう。

以下の三つが特徴です。

  • 利用するだけでポイント獲得
  • 高い安全性
  •  dカードと一緒に使うとどんどんお得

d払いを利用すると、支払い金額200円につき、自動で1ポイントが付与されます。

さらに、d払いはドコモ回線を利用している方に限り、月々のケータイ料金に加えて支払いできます。

そのため、クレジットカードの情報を新たに登録する必要がなく安心です。

d払いマーク

主なチャージ方法ドコモ口座、セブン銀行ATM、ローソンやファミリーマートのレジ
基本還元率実店舗 0.5%
ネット 1%
ポイント有効期限dポイント 48ヶ月
不正利用時の補償損害の額に相当する金額を補てん

d払いはdカードとセットが絶対お得!

d払いの利用を考えている方はdカードは必須です。

dカードは年会費永年無料で、ポイントがどんどん貯まるお得なカードです。

d払いをdカードでチャージするだけで、100円で1ポイント貯まります。

さらにドコモユーザーの方はdカードを利用すると、ドコモの携帯料金が10%も還元されます。

確実に使わないと損ですよ!

dカード GOLD

dカード GOLD
  • d払いの高還元キャンペーンすべての対象となる唯一のカード!
  • 年会費永年無料!
  • 入会&利用で最大6,000円相当プレゼント!

d払い クレジットカード」でさらに詳しい情報を紹介しています。

④LINE Pay

LINEペイは、独自の制度やシステムを導入しているため、たくさん使えば使うほどお得になる決済方法です。

以下の4つが特徴です。

  • 割り勘機能あり
  • 請求書支払い対応
  • マイカラー制度
  • ランクアップ制度

独自システムの一つとして、マイカラー制度があります。

これにより、LINEペイを利用した毎月の支払い額に応じて、最大2%まで還元率が変化します。

さらに、魅力的なのは、ランクアップ制度です。

LINEポイントを貯めてランクアップするとLINEペイ加盟店で利用可能なクーポンなどお得な特典ゲットできます。

LINEペイマーク

主なチャージ方法銀行口座、セブン銀行ATM、ローソンやファミリーマートのレジ
基本還元率0.5〜2%
ポイント有効期限残高 5年間増減がない場合、失効
LINE Payボーナス 2年間
LINE ポイント 180日間
不正利用時の補償10万円以内なら補償

LINEPay クレジットカード」でさらに詳しい情報を紹介しています。

⑤メルペイ

メルペイは、フリマアプリで有名なメルカリを利用して支払いができるスマホ決済です。

いつも使っているメルカリアプリを利用できる決済として、現在非常に注目されています。

以下の4つが特徴です。

  • メルカリの売上金が使える
  • メルペイスマート払い(後払い)が可能
  • 売上金やメルカリポイントがSuicaにチャージ可能
  • クーポンがゲットできる

メルペイ最大の特徴は、メルペイスマート払いです。

メルペイスマート払いとは、今月購入した支払い額分を、翌月にまとめて清算できるサービスです。

また、メルカリユーザー大注目なのが、売上金のSuicaチャージです。

メルカリのフリマ内で発生した売上金やメルカリポイントを、メルペイを利用するとSuicaにチャージができます。

さらに、メルペイは独自のクーポンキャンペーンを展開しているため、とてもお得にお買い物できます。

メルペイマーク

主なチャージ方法銀行口座、メルペイスマート払い、メルカリ売上金
基本還元率なし
ポイント有効期限メルペイポイント 1年間
メルペイポイント(キャンペーン)180日間
その他 無期限
不正利用時の補償不正利用にかかる損害を限度としてユーザーに補償

スマホ決済のまとめ

スマホ決済は難しそう、とイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか。

ここまで見てきた通り、実はとっても簡単なんです。

しかもお得に買い物もできちゃいます。

最後にもう一度スマホ決済のポイントを確認してみましょう!

  • 最大7%の消費者還元でお得にお買い物!
  • スマホ一つで身軽にショッピングもお食事も。
  • 利用可能店舗拡大中!

現在、QRコードの規格統一も進んでいるため、複雑な種類も解消されていくかもしれません。

ですが、それを待っていてはもったいないです!

今から使いこなしていって、どんどんお得な買い物や食事を楽しんじゃいましょう!

スマホにアプリをダウンロードするだけ。

使い方が分からなくても、店員が対応してくれます。

便利で簡単なスマホ決済を使って、あなたの日常をスマートにしてみてはいかがですか。