自己破産してもクレジットカードは使える?破産直後も作れる【期間別】おすすめカード

自己破産後にクレジットカードを作るには?

「自己破産するとクレジットカードはどうなる?」
「自己破産後でもクレカを作れる?」

自己破産すると、今利用しているクレジットカードは「強制解約」となって使えなくなります。その後一定期間は、クレジットカードを作ることができません。

ここでは

  • クレジットカードが強制解約になった場合の影響
  • 自己破産後もクレカを残す方法はあるのか?
  • 何年で作れる?自己破産者におすすめのクレジットカード

といった情報を分かりやすくお伝えしていきます!

また、自己破産する際の注意点や自己破産経験者が審査に通るコツ、破産5年以内でも使えるカードについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、クレジットカードを作る方法や破産直後でも持てるカードを今すぐ知りたい!という自己破産経験者の方はコチラからどうぞ。

自己破産するとクレジットカードは強制解約になる

まずは、自己破産すると利用中のクレジットカードがどうなるのか?について見ていきましょう。

クレジットカードの支払いも免責対象

自己破産は、法律に従って借金の支払い義務を免除してもらう(免責)手続きです。

自己破産手続きによって免責が許可されれば、養育費など一部の例外を除いたすべての負債の支払い義務が免除されます。

クレジットカードの支払いも免責対象なので支払う必要がなくなります。

カード会社が自己破産の手続きを知った時点で強制解約

自己破産手続きをすると、クレジットカードの規約に基いて強制解約となります。

強制解約になるタイミングは、自己破産手続きについてクレジット会社が知った時点です。

弁護士などに依頼した場合

弁護士などからの「受任通知」をクレジットカード会社が受け取った時

自分で手続きした場合

裁判所からの「自己破産手続開始の通知」をクレジットカード会社が受け取った時

一般的には、弁護士などに依頼した方が、早く強制解約されます。

未使用カードもいずれ強制解約になって使えなくなる

持っているけど全く使っていないクレジットカードについては、残債(利用残高)がないため、自己破産することがカード会社に伝わらないケースがあります。

しかし、自己破産すると信用情報に事故情報として登録されるので、未使用のカードでも必ずカード会社に伝わり、いずれは強制解約となります。

後ほど詳しく解説しますが、使えるからといって決して利用していいわけではないので充分気を付けましょう。

ショッピング利用で買った物を返却させられる可能性も

クレジットカードで買った物は、支払いが終わるまではカード会社に所有権があるので、場合によっては商品を引き揚げられてしまう可能性があります。

消耗品などすでに価値がなくなっているものは問題ありませんが、高額商品(電化製品や車など)は返却させられることも多いようです。

家族カードやETCカードも使えなくなる

自己破産者が本会員になっているクレジットカードに付帯している家族カードやETCカードについても利用できなくなります。

ただし、破産者の家族が契約しているクレジットカードには影響はありません。家族が持っているカードに付帯する家族カードを自己破産者が持つことも可能です。

例えば・・・

  • 夫が自己破産をしても妻が契約中のクレジットカードは使い続けることができます
  • 妻のカードで作った夫名義の家族カードを夫が利用することも問題ありません
  • ただし、夫の口座から引き落とされるようになっている場合は、妻の口座などに変更しないと利用できません

自己破産後もクレジットカードを残す方法はある?

自己破産するとクレジットカードが強制解約になるのは分かったけど、どうにかして自己破産後もクレジットカードを残す方法はないのだろうか?と考える人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、自己破産後もクレジットカードを残す方法はありません。

どうしてもクレジットカードを使い続けたいと思って、クレジットカードを持っていることを隠したり、クレカの分割払いを完済して自己破産の対象から外そうとすることは、自己破産手続きに悪影響を与えてしまうのでやめましょう。

「免責不許可事由」になってしまい自己破産が認めてもらえない可能性があります。

免責不許可事由とは

免責(借金の返済を免除する許可)が認められない事由(理由)のことで、「財産隠し」や「浪費やギャンブルによる借金」「虚偽の説明」「特定の相手にだけ返済する行為」などが挙げられます。

また、クレジットカードが残せないなら現金だけでもと考えて、カードで購入した商品やギフト券などを売ってお金に換えたり、クレジットカードでキャッシングすることも禁止されています。

自己破産する際にクレジットカードで注意すること

続いては、自己破産する際に気を付けるポイントを解説していきます。

クレジットカードが使えても利用してはいけない

先ほども触れましたが、クレジットカードが強制解約になるタイミングは手続きやカードによって前後することがあります。

自己破産するのにクレジットカードを利用するということは、返済できないと分かっていて債務を増やす行為です。

自己破産が認められなくなる可能性があるので、クレジットカードが使えても決して利用してはいけません。ETCカードも忘れずに抜いておきましょう。

破産手続きが始まったら支払いをしてはいけない

自己破産手続きが開始したら特定の借金だけを返済してはいけません。

特定の債権者だけに返済する行為を「偏頗(へんぱ)弁済」といい、免責不許可事由に該当します。

クレジットカードの支払いも借金の返済になるので、カードの支払いを口座引き落としにしている場合は、銀行口座の残高をゼロにしておきましょう。

クレジットカードのポイントが失効する

自己破産によってクレジットカードが強制解約されるとカードで貯めたポイントが失効してしまいます。

クレジットカードは利用してはいけませんが、ポイントの利用は問題ありませんので、自己破産の前にポイントを使っておきましょう。

ただし、貯まっていたポイントを超えるとカードの直前利用になってしまうので、ポイントの範囲内に収まるようにしてください。

クレカ払いの毎月の支払いは変更が必要

電気やガス、水道といった公共料金やその他の支払いがカード払いになっている場合は、クレジットカードが強制解約になると支払いが滞ってしまいます。

電気や携帯電話(スマートフォン)などを止められてしまう可能性があるので、あらかじめ支払い方法を変更しておきましょう。

自己破産後、クレジットカードは何年で作れる?

自己破産した人がクレジットカードを作るには??

自己破産後、またクレジットカードが作れるようになるのは、自己破産が完了して5~10年経ってからです。

その期間中は、クレジットカードを持つことができません。

自己破産すると、自己破産したことが信用情報に事故情報として登録されるからです。

クレジットカードを申し込むと必ず審査があり、信用情報が照会されます。

事故情報(ブラック情報)が記録されている5年間程度は、クレジットカードの審査に通るのは難しいでしょう。

ただし、一部のクレジットカードなら5年以内でも審査に通る可能性があります
詳しくは記事の後ほどで紹介していきますが、今すぐ知りたい方はこちらからジャンプしてくださいね。

また、個人信用情報は以下3つの機関で共有されています。

  • CIC(シーアイシー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • 全銀協(KSC)

自己破産に関する情報の登録期間は、機関ごとに設定されています。
CICとJICCでは最長5年間ですが、全銀協では最長10年間記録されるので注意が必要です。

クレジットカード会社は基本的にCICまたはJICCを参照しますが、銀行や地方銀行、信用金庫、その他アメリカン・エキスプレス社など一部のカード会社は全銀協を参照します。
よって、自己破産後10年間は銀行や信用金庫、アメックスが発行するカードの審査に通るのは難しいといえるでしょう。

逆にいえば、登録期間の5年を無事に経過すれば、CICとJICCだけに加盟しているクレジットカード会社を選択し、カードの申し込みをすればよいということになります。

自己破産直後でも作れるクレジットカードの代替手段

ここからは、自己破産経験者でも作れるクレジットカードや代替手段をご紹介していきます。

まずは自己破産直後にカード決済、キャッシュレス決済が必要になった場合、クレジットカードの代わりとして使えるカードから見ていきましょう。

デビットカード

デビットカードは、カードでの支払いと同時に口座から引き落とされる仕組みのカードです。

1回払いのみ、口座残高までしか使えないといった注意点がありますが、利用方法は一般的なクレジットカードと変わりません。

原則、審査がないので自己破産直後でも作ることができます。

「楽天銀行デビットカード」は、年会費無料でクレジットカード(楽天カード)と同じようにポイントを貯めることができる優秀なカードです。

楽天銀行 VISAデビットカード

楽天銀行VISAデビットカード
  • 国内外のVisa加盟店でカード払いできる!
  • ガソリン給油にも使えて楽天ポイントが貯まる!
  • 楽天銀行ベーシックデビットカード年会費永年無料!

デビットカードについて詳しく知りたい、色んなカードを比較して選びたいという方は、以下のページを参考にしてみてください。

プリペイドカード

プリペイドカードは、事前に必要な金額をチャージ(入金)しておく仕組みのカードです。

1回払いのみで、チャージ残高までしか利用できませんが、前払いなので審査がなく、自己破産経験者の方におすすめです。

「バンドルカード」は、世界中のVISA加盟店で支払いに利用することが可能です。

年会費無料、スマホアプリをダウンロードして電話番号などを入力するだけですぐに発行できるのも特徴です。

バンドルカード

  • 年齢制限・審査なし!誰でも1分でつくれる!
  • ポチっとチャージで後払いにできる!
  • コンビニ、ネット通販など使えるお店が多い!

自己破産後3年の人におすすめのクレジットカード

次に、自己破産後3年ほど経っている方が作れる可能性があるクレジットカードを紹介します。

3秒診断でカード発行可能かどうか分かるACマスターカード

「ACマスターカード」は、大手消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。

信用情報に自己破産した記録が残っていても、アコムが問題ないと判断すれば審査に通る可能性があります。

自己破産してからまだ5年以内だけど、どうしてもクレジットカードを持ちたい!という方はチャレンジしてみてください。

ACマスターカードの公式サイトでは「3秒診断」というサービスを提供していて、自分の年齢・年収・借入状況を入力するだけで瞬時にカード発行が可能かどうかを判断してくれます。

カード発行できるか知りたい!という方は、ぜひこの3秒診断を活用して申込んでみることをおすすめします!

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費発行時間国際ブランド
永年無料最短即日MasterCard
  • 審査通過後「自動契約機むじんくん」ですぐにカード発行できる
  • 独自審査なのでスーパーホワイトでも申込OK!
  • 国際ブランドの「Mastercard」が使用できるから国内外を問わず利用可能

5847人の方が当サイト経由でACマスターカードの審査に通りました

自己破産後5年~10年の人におすすめのクレジットカード

次は「自己破産をしたことがあっても作れた」と評判のクレジットカードを紹介します。

お得なTポイントが貯まるTカードプラスモビット

テレビCMなどでも有名なモビットから提供している「Tカードプラスモビット」は、一般的なクレジットカードで行われる信用情報をもとにした審査ではなく、モビット独自の審査基準を設けているという特徴があります。

Tポイントも貯まるのでちょっとしたお小遣いができるのも嬉しいですし、普段遣いにもオススメです。

Tカード プラス(SMBCモビットnext)

Tカード プラス(SMBCモビットnext)
年会費Tポイント付与率国際ブランド
永年無料0.5%~1.0%MasterCard
  • クレジットカード・Tカード・カードローンの3つの機能が1枚になった多機能型カード
  • 全国の加盟店でTポイントが貯まる・使える
  • 年間100万円までのショッピング補償付き!

3557人の方が当サイト経由でTカードプラスの審査に通りました

年会費無料で即日審査のライフカード

「ライフカード」は、消費者金融アイフルが提供しているので、比較的審査基準が緩やかとされています。

年会費無料で、誕生日月はポイント3倍と還元率が高く、レジャー施設が特典価格で利用できるなどお得なクレジットカードです。

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • 過去に延滞などで審査落ちした方におすすめ!
  • 保証金(デポジット)制で審査に通りやすい!デポジット額は解約時に返金
  • ETCカードも無料で持てる!

3174人の方が当サイト経由でライフカードの審査に通りました

自己破産後にクレジットカード審査に通るポイント!

自己破産後にクレジットカード審査に通るポイント!

自己破産後に個人の信用力を高めるためには、「最初に手に入れる1枚目のカード」がとても重要です。

最初の1枚目の申し込みに失敗してしまうと、その後他社のカード審査にも落ちる可能性が高くなりますので、最初の1枚をどこの会社に申し込むのかは慎重に検討する必要があります。

利用限度額を低く申請しよう

大切な1枚目のカードを入手する方法として、申し込み時にカード利用限度枠を低くして申し込み、まずはカードを発行してもらうことを目指すというやり方があります。

また、クレジットカードの申し込み時に「キャッシング枠を付けるか否か」を選ぶ場合は、なるべく付けないで申し込むことをおすすめします。
なぜなら、キャッシング枠を付けようとすると、ショッピング枠だけの場合と比べて審査が厳しくなってしまうからです。

手に入れたクレジットカードを利用し、きちんと支払いをこなしていくことで信用力を高めてから、カード更新時などに利用限度枠のアップやキャッシング枠を申請しましょう。

個人信用情報を確認しよう

任意整理、個人再生(個人民事再生)、破産免責を受けた方は、CIC・JICCなどの個人信用情報機関に開示を求め、異動情報が消えたことを自分で確認し、それから新たなクレジットカードの申し込みされることをおすすめします。

個人信用情報については、何よりも、まずご自身の情報を確認し次の手段を検討しましょう。信用情報の確認方法についてはこちらの記事で解説しています!

信用情報を確認すると、ごくまれに5~10年が経っているにもかかわらずブラック情報が消されていないケースがあります(信用情報機関に問い合わせると削除対応してもらえます)。
心配な方は、一度自分の目で信用情報を確認しておくと安心です。

同じ会社のカードには申し込まない

過去に自己破産手続きの履歴のある方は、再度同じカード会社やローン会社、金融機関に申し込んだとしても利用することは難しいでしょう。

例えば自己破産をした時に、A社とB社のクレジットカードを利用していたとします。
自己破産の手続きを行ったA社とB社では、社内データベースに「事故発生履歴あり」という情報が登録されますので、5~10年が経過したとしても二度と審査は通りません。

しかし、A社やB社と関連性のない別会社である「C社」であれば、カードが発行される可能性があります。

クレヒスがなくても審査に通りやすいカードを選ぶ

注意すべき点として、自己破産の情報が登録されている5年間は、クレジットカードの利用履歴が残せない、いわゆるクレジットヒストリー(クレヒス)が空白な状態になるということです。

カード会社において、このクレヒスのない状態というのは

  • クレジットカードやローンを利用したことが無い人 もしくは
  • 自己破産や債務整理などの経歴がある人

上記のうちいずれかに該当する人であるという判断をします。

審査を行うカード会社側からすれば、そこにいかなる理由があったとしても、「この申し込み者にはクレヒスにデータがないから審査をスムーズに通すのは危険だ」という判断に至ってしまうのです。

特に、ゴールドカードや年会費が高価なカード、銀行が発行するカードなどはクレヒスがないと審査に通りにくいといわれています。
自己破産後5年が経過したら、まずは審査がやさしめのカードでクレヒスを積み、信用力を高めていくことをおすすめします。

まとめ:自己破産するとクレジットカードが強制解約になるけどまた作れる!

自己破産とクレジットカードの関係について解説してきましたが、いかがでしたか。

最後に内容をまとめておきます。

  • 自己破産するとクレジットカードは強制解約となる
  • 信用情報に事故情報が登録されている5~10年間はクレジットカードを作れない
  • デビットカード、プリペイドは自己破産直後でも作れる
  • 適切なカードを選べば自己破産経験者でもクレジットカードを持つことができる

自己破産るすとクレジットカードが強制解約されてしまいますが、ずっと持てないわけではありません。

ここで紹介したおすすめのクレジットカードや審査に通るコツを参考にして、再び、クレジットカードに申し込んでみてくださいね!